My Days
日本のあちこちを旅しています。

早稲田大学(1)大隈庭園

JUGEMテーマ:旅行

 

早稲田大学の敷地内にある大隈庭園は、彦根藩井伊家や高松藩松平家の下屋敷の庭園だったところで,明治7年(1874年)に大隈重信の別邸の庭園となりました。
昭和20年(1945年)の空襲では壊滅状態になりましたが,その後昔の姿に復元されたとのこと。
広い芝生広場の周りを数多くの種類の木々や、花々が囲み、まさに都会のオアシスのようです。
韓国の「エレミの鐘」の縮小版の複製
日本庭園と周りの建物のミスマッチもひとつですね。
この時は4月でしたので、ツツジが綺麗でした。

 

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m



庭園 : comments(5) : trackbacks(0) : しずか
明治神宮御苑(3)つつじ山

JUGEMテーマ:旅行

 

ツツジの植えられているつつじ山へ

 

 

 

 

ちょうど見頃のようでした。

 

 

時間の都合で、明治神宮の出口へと向かいます。

 

 

 

 

 

この樽の並ぶ様は圧巻ですね!

 

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m



 

 

ツツジ : comments(6) : trackbacks(0) : しずか
明治神宮御苑(2)菖蒲田〜清正井

JUGEMテーマ:旅行

 

御釣台から北に行くと菖蒲田があります。
明治天皇が昭憲皇太后のために植えさせられた菖蒲田の花菖蒲は、6月には見事な花を咲かせるそうです。
続いて清正井へ進んできます。
御苑の中に都会では珍しい湧水の井戸があります。
水温は四季を通じて15度前後と一定していて、毎分60リットルの水量があり、昔から「清正井(きよまさのいど)」といわれ加藤清正が自ら掘ったとされています。
 「清正井」のあるこの地は江戸時代、加藤家の下屋敷があり加藤清正の子・忠広が住んでいたことは間違いないようですが、清正本人が住んでいたかは定かではありません。まもなく加藤家が絶え、その後井伊家の下屋敷となりました。
 しかし井伊家の下屋敷になってからも清正にまつわる伝説が伝えられ、萩の庭には清正が朝鮮で虎を槍で突いた時の血しぶきが竹の幹に斑についたとされる「清正将来の虎斑竹〈とらふだけ〉」(本当は「雲紋竹」と言われる竹の種類)や清正が園内散歩の折り腰掛けて休憩したと言われる「清正の腰懸石」があり、この石に座ったり、さわったりすると瘧(おこり・一般にマラリアを指す)になるといわれます。また清正の「手弄石」(『大日本名所図絵』記載)といって大きな岩があったとされますが、どの石のことか不明で一説には腰懸石ではないかとされています。そしてそれらの中で最も有名なのが清正が掘ったとされる「清正井」です。
この地に下屋敷を構えていた加藤清正が掘ったと伝えられ、 一年中絶ゆることなく湧き出る清水は南池の水源となり、掘り方の巧妙と水質の優秀なことは早くから世に知られています。(明治神宮HPより)
近年、ここはパワースポットとしても人気を集めているそうです。

 

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m



庭園 : comments(6) : trackbacks(0) : しずか
明治神宮御苑(1)

JUGEMテーマ:旅行

 

今年の春、久しぶりに明治神宮を参拝しました。

 

 

 

 

明治神宮御苑は、江戸時代初期以来加藤家、井伊家の下屋敷の庭園でしたが、明治時代に宮内省の所轄となり、代々木御苑と称されていました。
ここは明治天皇と昭憲皇太后にゆかりの深い名苑であり、この地の風光をこよなく愛された皇太后はしばしば行啓されたほか、明治天皇は隔雲亭という御茶屋を建て、あずまやを作り、池には菖蒲を植え、回遊歩道を設けました。
四阿(あずまや)
隔雲亭(かくうんてい)

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m



庭園 : comments(4) : trackbacks(0) : しずか
浅草寺(4)浅草の夜景

JUGEMテーマ:写真

 

夕方になり、再び吾妻橋からスカイツリーを眺めてみました。

 

 

周囲のビル群の灯りとともに、一大イルミネーションが見られます。

 

 

 

そして、また浅草寺に戻り

 

 

観光客が去った静かな境内を歩いてみました。

 

 

 

 

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m



 

旅行 : comments(5) : trackbacks(0) : しずか