My Days
日本のあちこちを旅しています。

<< 早稲田大学(1)大隈庭園 : main : 今川氏の菩提寺・観泉寺 >>
早稲田大学(2)大隈重信立像

JUGEMテーマ:旅行

 

大隈庭園を見学したついでに、キャンパスを散策することに。

 

 

早稲田大学は、江戸時代末期の蘭学校である北門義塾(柳田藤吉の創設)の明治5年閉校後、その意思を受継ぎ、隣地に大隈重信が明治十四年の政変で下野した後に設立した東京専門学校を前身とし、日本の私立大学では慶應義塾大学(「早慶」の慶)などと共に最も古い段階で大学令に基づく大学となった。
当初は、創立者・大隈重信の別邸が東京府南豊島郡早稲田村に、また、校舎が同郡戸塚村にあったことから、関係者が「早稲田学校」「戸塚学校」と言っていたが、最終的には「東京専門学校」と名付けられた。1892年頃には、専門学校の別名として、「早稲田学校」と呼ばれるようになり、以後1902年9月2日付で、専門学校から大学への昇格を機に、大隈によって代表される早稲田の地名をとり「早稲田大学」と改称した。(Wikipediaより)
大隈講堂

1927年に佐藤功一の設計で竣工した、文字どおり早稲田大学の顔として知られる建造物である。早稲田キャンパスに所在し、正式名称は「早稲田大学大隈記念講堂」。学内では「早稲田大学21号館」とも表記される。重要文化財にも指定されている建築物である。

(Wikipediaより)

大隈重信立像(朝倉文夫作)
早稲田大学早稲田キャンパスには2体の大隈像があり、有名なガウン姿の立像は昭和7年(1932年)10月17日、早稲田大学創設50周年と大隈重信10回忌を兼ねて作られた。右足を失った後の姿のものであるため、杖をついているのが特徴である。製作者である彫刻家の朝倉文夫は大隈像を3回制作しているが、この立像は2回目のもの。高さは298cmあり、大隈講堂の方向を向く形で設置されている。受験期には受験生により賽銭が供えられることも少なくない。(Wikipediaより)

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m



旅行 : comments(4) : trackbacks(0) : しずか
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク
コメント
りっぱな、銅像ですね〜
| シネマ大好き娘 | 2017/08/23 3:58 AM |

大隈重信設立の早稲田大学はやはり貫禄がありますね!
| willy_tsuguo_shikata | 2017/08/23 7:27 AM |

さすが早稲田。立派な学舎ですね。
井伊家ゆかりの史跡から、早稲田大学の見学。
これは面白いコースですね。
| めりい | 2017/08/23 7:33 PM |

シネマ姉さん、四方さん、めりいさん、コメントありがとうございます!

何度か行っていた早稲田のキャンパスが、井伊家ゆかりの地であったことを今年になって知りました(^_^;
こうして今まで自分にゆかりのあったところも、大河ドラマが見直すようにしてくれたのかと思うと、不思議な感じがします。
| しずか | 2017/08/23 8:55 PM |

コメントする









http://shizuyashizu.jugem.jp/trackback/2395
トラックバック