My Days
日本のあちこちを旅しています。

<< 浜松祭り2017(1)新井美羽ちゃん登場! : main :
浜松祭り2017(2)夜の御殿屋台

JUGEMテーマ:お祭り

 

今年の浜松祭りは、久しぶりに三日間屋台引き回しを見ました。

 

浜松祭りは、GW中の5月3日・4日・5日の3日間で行われ、端午の節句にちなみ、長男(初子)の誕生を祝います。この誕生祝いのことを「初」(初祝い)と称され、昼には凧合戦、夜には御殿屋台の引き回しと練りが行われます。

その起源は、室町時代の永禄年間(1555年 - 1569年)に、引間城(現在の浜松城)の城主・飯尾豊前守(飯尾連竜)(の長男・義広の誕生を祝って、入野村の住人であった佐橋甚五郎が義広の名前を記した大凧を揚げたという史書『浜松城記』の記述を定説としています。(諸説あり)

飯尾連竜といえば、今川家を継いだ今川氏真が、井伊直親を失って領主に復活した直虎の曾祖父・井伊直平を除くため、井伊家を滅ぼそうと画策し、直平殺害を命じられたという人物です。

連竜の妻・お田鶴の方は、直平が出陣の際、飯尾領内を通過する直平軍お接待。直平に毒入りの茶を勧め、直平は有玉旗屋の宿にて落馬し死亡したという話が伝えられています。(諸説あり)

御殿屋台(ごてんやたい)には、豪華な彫刻や幕などで装飾され、中では、三味線や笛を用いたお囃子(おはやし)が奏でられます。
その昔、凧揚げから帰る若衆を迎えるために、伝馬町や千歳町の芸者衆が底抜け屋台を造って練り歩いたのが始まりとも言われています。

出発前の屋台



アクトシティをバックに

 



夜になると、雰囲気ががらっと変わります。

 









 



お城の形をした屋台

 








 

 

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m


 

浜松祭り : comments(6) : trackbacks(0) : しずか
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク
コメント
屋台〜楽しそう〜〜お祭りですね!
| シネマ大好き娘 | 2017/05/17 4:45 AM |

シネマ姉さんも彼氏と遊びに来てください!
| しずか | 2017/05/17 10:59 AM |

今まで浜松まつりの記事を漠然と見ていたけれど、飯尾連竜、お田鶴の方、井伊直平の人物が理解出来るようになったので、興味がわいてきました。
中田島砂丘の大凧とつながりがあるのですね。
まつり会館に行けば良かった・・・( 一一)
| めりい | 2017/05/17 9:11 PM |

めりいさん、私も地元ながら↑の人たちの繋がりがよくわかっていませんでした。
今年になってようやく・・・といった感じですよ(^_^;
まつり会館は私もまだ入ったことがありません(..;)
| しずか | 2017/05/18 10:53 AM |

なかなか派手にやりますね。

今年は、やっぱり直虎ものが登場して
盛り上げている雰囲気が伝わります。

広沢町のみこしが、一番です。
| ラメール | 2017/05/23 12:01 PM |

ラメールさん、コメントありがとうございます!

今年は直虎で盛り上がりました。
皆さんにお越しいただいた少し前に行われたお祭りですが、いつかまた機会がありましたら、浜松祭りにもお越し下しませ&#128516;
| しずか | 2017/05/23 5:24 PM |

コメントする









http://shizuyashizu.jugem.jp/trackback/2384
トラックバック