My Days
日本のあちこちを旅しています。

増上寺 宝物展示室「台徳院殿霊廟模型」
JUGEMテーマ:学問・学校

平成27年は、徳川家康公没後400年にあたる記念すべき年ことで、徳川家の菩提寺・増上寺では、今年の4月20日に、本堂地下1階に宝物展示室が開設され、英国ロイヤルコレクション所蔵の「台徳院殿霊廟模型」を展示されています。







台徳院殿霊廟は二代将軍秀忠の墓所として1632年に造営され、1930年に国宝に指定されましたが、昭和20年の戦災で焼失。
この模型はその霊廟を10分の1スケール(幅3.6m長さ5.4m高さ1.8m)で再現したものです。
これまで英国で所蔵されていましたが、増上寺に長期貸与されることとなり、宝物展示室で一般に公開されることになりました。
この他、狩野一信作「五百羅漢図」、法然上人伝(重要文化財)など、増上寺所蔵の文化財が順次展示されます。

狩野一信作「五百羅漢図」については、当ブログの「江戸東京博物館の五百羅漢 幕末の絵師 狩野一信」http://shizuyashizu.jugem.jp/?eid=1611 をご覧ください。

「増上寺宝物展示室」
平成27年4月2日(木)より一般公開
10:00〜16:00
休館日 火曜日 *御忌期間中4/2〜7は毎日公開。その他臨時公開日あり
入館料 一般 700円(税込) *徳川将軍家墓所拝観とのセット券 1,000円

詳細は↓
http://www.zojoji.or.jp/treasure/exhibition.html



本殿のまわりの縁板は、黒漆塗。それ以外の総体は、朱漆塗で、建具、破風板廻りは、金箔押し。
葵の御紋入りの飾り金具、龍や鳳凰を描いた装飾が、鮮やかに再現されていました。

ちょうど4月後半に東京に行く用事があって、ラッキーでした!


ブログランキングに参加しています。

応援してくださる方はクリックよろしくお願いしますm(__)m


展覧会 : comments(6) : trackbacks(0) : しずか
大関ヶ原展
JUGEMテーマ:学問・学校

江戸東京博物館で開催中の「徳川家康没後400年記念特別展 大関ヶ原展」に行って来ました。



2015年は、元和2年(1616年)に亡くなった家康の没後400年目にあたることを記念して、催されたものです。









『関ヶ原合戦画屏風』『関ヶ原合戦絵巻』、徳川家康と徳川四天王(酒井家、本多家、榊原家、井伊家)の具足、石田三成の愛刀『石田正宗』、島左近の兜など、合戦に参加した武将たちの武具、関ヶ原合戦前日に密約を交わした誓約書など、関ヶ原合戦にまつわる貴重な古文書が展示されています。

私は日曜に行ったため、とても混んでいました。
チケットを買うのに40分ほど並び、入場するまでにまた並び、ようやく中に入ったら、人の頭で展示物がよく見えない(;O;)
といった状況でした。
できれば平日に行きたかったです(^_^;)
しかし、関ヶ原の合戦、戦国武将に興味を持っている方がこんなに多いとは(@_@;)
アイドルのコンサート並みの混み様でしたよ!

開催は、今週末までです。
まだの方はお急ぎを!!

江戸東京博物館 1階展示室 (東京都墨田区横網1-4-1)
2015年03月28日(土)〜05月17日(日)
午前9時30分〜午後5時30分(土曜日は午後7時30分まで)
※入館は閉館の30分前まで。

詳細はこちらをご覧ください。
江戸東京博物館公式サイト
  ↓
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/special/

家康像の前には、言問橋の遺構がありました。





ブログランキングに参加しています。

応援してくださる方はクリックよろしくお願いしますm(__)m




 
展覧会 : comments(6) : trackbacks(0) : しずか