My Days
日本のあちこちを旅しています。

二本の映画を観て
JUGEMテーマ:映画

 
今月は2本の映画を立て続けに観ました。

1本目は、悲願のアカデミー主演男優賞を受賞したレオ様主演の「レヴェナント:蘇えりし者」

<物語>1823年、西部開拓時代のアメリカ北西部、極寒の荒野の中、狩猟をして毛皮を採取するハンターチームはネイティブアメリカンの一団に襲われ多大な犠牲にあいながら命からがら船で川を下る。チームのひとり、ヒュー・グラスはネイティブアメリカンの妻との間にできた息子、ホークとともにガイドとして同行していた。船を捨て山越えルートを選んだチームは森で野営する。翌早朝、グラスは見回り中に子連れの熊に襲われ、瀕死の重傷を負う。急ごしらえの担架でグラスを運ぶが山越えには足手まといであること、瀕死でもあることから、隊長のアンドリュー・ヘンリーが死ぬまで見届け埋葬する者を募ると、ホークとジョン・フィッツジェラルド、若いジム・ブリッジャーが残ることになった。ジョンは2人がいない時にグラスを殺そうとするところをホークに見つかり銃を向けられるが、返り討ちにし殺してしまう。ジョンはジムを騙しグラスに軽く土をかけただけでその場を離れる。一部始終を見ていたが動けないグラスは奇跡的に一命をとりとめ、折れた足を引きずり這いながらジョンを追う。(Wikipediaより)

この映画でのレオ様は、タイタニックのレオ様とはまるで別人のよう(@_@;)
熊に襲われる場面は、思わず目を覆ってしまいましたが、劇場ならではの迫力満点なシーンでした。
9ヶ月に及んだ撮影は、極地で行われ、凍った川に入ったり、実際に生肉を食い、動物の死体の中で眠る等、過酷なものであったそうです。


2本目は、歴史家の磯田道史先生による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を映画化した「殿、利息でござる!」



「<物語>江戸中期、財政難のため、百姓や町人に重税を課す仙台藩では、破産や夜逃げが相次いでいた。
宿場町の吉岡宿でも年貢の取り立てや労役で人々が困窮し、造り酒屋を営む穀田屋十三郎は、町の行く末を案じていた。そんなある日、十三郎は、町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治から、藩に大金を貸し付けて利息を巻き上げるという、吉岡宿復興のための秘策を打ち明けられる。計画が明るみになれば打ち首は免れないが、それでも十三郎と仲間たちは、町を守るために私財を投げ打ち、計画を進める。

キャストは、阿部サダヲをはじめ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平ら豪華キャストが共演。
仙台出身の羽生結弦選手が、仙台藩の第7代藩主・伊達重村という殿様約で映画に初出演しています。

歴史学者の磯田先生の原作だけあって、歴史用語がいっぱい!
当時の庶民の生活が事細かに描かれています。
「伝馬」の負担がいかにキツイものであったのか・・・歴史の教科書では学べなかったことが、この映画に詰まっています。
斬った斬られるの時代劇特有のシーンはなく、内容で勝負の映画です。

一見、国も違えば、ジャンルもまったく異なる映画ですが、どちらもある意味、「サバイバル」という点では共通していると思いました。

2本ともお奨めの映画です(#^.^#)

ブログランキングに参加しています。

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m



映画 : comments(5) : trackbacks(0) : しずか
映画版「大奥」を観て
JUGEMテーマ:映画
 
先週は「妖怪人間ベム」今週は「大奥」と、二週続けて、レディースデーに映画を観ました。

今回の映画版「大奥」は、TVドラマ版「大奥 誕生 有巧・家光篇」の続編で、徳川5代将軍綱吉の時代。
流行り病で、男子の約80%が死んでしまい、ついには男女逆転sた江戸時代。
貧しい公家出身の右衛門佐が綱吉の夫の御台所・信平に呼ばれ大奥に入り、巧みに綱吉に取り入り、異例の出世を遂げ、大奥総取締に就任する。

主演はドラマ版「有巧・家光篇」の主人公・有巧(ありこと)役とあわせて1人2役となる堺雅人さん。
綱吉は、菅野美穂さん。

堺さんは、上品で善人の有巧とは真逆の野心家・右衛門佐を見事に演じ分けています。
美しき将軍を演じている菅野さんもぴったり!

しかし、この原作がコミックということは知りませんでした(^_^;)

最近、コミックからドラマ・映画化、ドラマから映画化といった相乗効果を狙ったやり方がうけていますね。

大奥公式サイト 



ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方はクリックよろしくお願いしますm(__)m


 


人気ブログランキングへ
映画 : comments(5) : trackbacks(0) : しずか
「一命」
JUGEMテーマ:映画

レディースデーに、公開になったばかりの「一命」を見てきました。


 
ストーリー

滝口康彦が1958年に発表し、62年には仲代達矢主演の「切腹」として映画化もされた時代小説「異聞浪人記」を三池崇史監督が3Dで再映画化。江戸時代初頭、大名の御家取り潰しが相次ぎ、困窮した浪人たちの間では、裕福な大名屋敷に押しかけて切腹を申し出ると面倒を避けたい屋敷側から金銭を与えられることを利用した「狂言切腹」が流行していた。そんなある日、名門・井伊家の門前に切腹を願い出る1人の侍・津雲半四郎が現れ、井伊家の家老・斉藤勘解由を前に驚くべき真実を語り始める。

キャスト:市川海老蔵・瑛太・満島ひかり・役所広司ら。


こんなに映画を見ていて苦しく切なくなったのは初めてかも

困窮した浪人の生活は、家族が病気になっても医者にもかかれず、

食べるものも満足にない。

それでも家族が寄り添うことで、ささやかな幸せを感じていた。

武士が武士としてのプライドを捨てて、家族のために一世一代の芝居をうつのですが、

これkが自分の命取りになってしまうことに。

まず始まってまもなく登場する瑛太の竹光での切腹シーンがリアルでしかも長く、

見ている方が苦しくなるほど

(半分以上は耳を塞いで、目を背けていましたが)瑛太くん熱演です

(レディースデイの割に、女性客の姿が少なかったのは、このシーンのせいかな?)

昔の「切腹」という映画のモノクロのでの切腹シーンもかなり迫力があったそう

病にかかりながらも、懸命に家族を支えようとする妻役の満島ひかりさんの演技も

素晴らしい

そして何かとお騒がせの海老蔵さん、歌舞伎役者の本領発揮竹光で

大勢の井伊家の武士たちに立ち向かう殺陣のシーンは息をつかせぬほど

役所光司さんのセリフ一言一言が重くずしんときたわ〜

さすがベテラン俳優の味だしてます

とにかく見終わった後、疲れた〜 そして一気に暗くなりました

こんな時代に生まれなくて良かった・・・というのが一番の感想です。

これから見る予定の方へ

女性はかなりの覚悟を持って見に行ってください。

時代劇に慣れている私でもちょっと引きました〜


FC2ブログランキング参加中!
クリックよろしくお願いします!⇒FC2ブログランキング

人気ブログランキング参加中!
クリックよろしくお願いします!⇒人気ブログランキング


映画 : comments(2) : - : しずか
「感染列島」観ました!
JUGEMテーマ:映画


昨日は、東宝シネマズのレディースデー女

久し振りに映画を観に行って来ました抱擁

選んだ映画は、今ヒット中の「感染列島

主演は、大河で活躍中の妻夫木くん、相手役は、宝塚出身の美人女優・壇れいさん。



story

救命救急医・松岡剛(妻夫木聡)のもとに一人の急患が運び込まれてきた。高熱、痙攣、吐血、全身感染とも言える多臓器不全…それは人類がいまだかつて遭遇したことのない感染症状であった。新型のインフルエンザか?あるいは別の新種のウィルスなのか?戦場と化した病院で従事する松岡らのもとに、WHOからメディカルオフィサー小林栄子(壇れい)が派遣されてきた。もしこのウィルスが国内で感染爆発した場合、3ヶ月以内に交通網・都市機能が停止、わずか半年で感染者は数千万人にものぼるという、戦災をはるかに上回る恐るべき事態が予想された…。


患者の症状が悪化して、目から出血したり、吐血したりする場面は目を覆いたくなりましたが、単なるウィルスパニックムービーではなく、患者を救いたいと医療に没頭する医療機関に携わる人たちの情熱、愛する人を救いたいと願う家族や恋人の愛ラブをひしひしと感じる感動的な映画でした。
と同時に、インフルエンザの流行する中、改めてマスクの必要性を感じました。
やっぱり妻夫木くんの泣きの演技は素晴らしいな〜
ラストは涙なくては見られません悲しい

FC2ブログランキング参加中!
クリックよろしくお願いします!⇒FC2ブログランキング

人気ブログランキング参加中!
クリックよろしくお願いします!⇒人気ブログランキング

映画 : comments(8) : - : しずか
「わたしは貝になりたい」を見て
JUGEMテーマ:映画

昨日はレディースデーなので、仕事前に映画を見て来ました。
今、話題の中居くん主演「貝になりたい」です。

あらすじ

高知の港町で理髪店を営む清水豊松のもとへある日赤紙が届き、招集されるが、戦争で命を落とすことなく、終戦後、無事に家族のもとへ帰ってくる。
しかし、平和な暮らしは長くは続かなかった。
従軍中、上官に捕虜処刑を命ぜられたのだが、捕虜はすでに死んでおり、清水が直接殺したわけではなかった。
なのに、戦犯として逮捕され、裁判で言い分も聞いてもらえず、絞首刑という重い判決が言い渡される。
妻の房江は夫の減刑の嘆願書に200名の署名を集めるため奔走する。
その嘆願書があれば、命は助かると信じていたのだが・・・


という重い内容の映画でしたが、ストーリーも中居&仲間の演技も素晴らしかったです。
10kgまで体重を落として役作りした中居くんの死に直面した演技は鬼気迫るものがありました。
パンフレットによると、最後は食を断ち、水とビタミン剤だけしかとらなかったそうです。
この役者魂には驚きました。
この映画を見ると、日頃自分が悩んでいることや、悲しんでいることなんて、凄くちっぽけなことに思えてきます。
そして、いかに今の日本が平和ボケしているかも思い知らされます。
まだ見ていない方にはぜひお薦めしたい映画です。

中居くん、主演男優賞/映画大賞獲得!

FC2ブログランキング参加中!
クリックよろしくお願いします!⇒FC2ブログランキング

人気ブログランキング参加中!
クリックよろしくお願いします!⇒人気ブログランキング

映画 : comments(6) : - : しずか
「山のあなた」見て来ました!
JUGEMテーマ:映画

久し振りに日本映画を見て来ました。
今話題の「山のあなた 徳市の恋」です。



新緑の季節。目の不自由な按摩の徳市と福市が、山の温泉場に向う道を歩いている。彼らは前を歩く人間の数や性別、どこから来たかをかぎ分けられる鋭い勘の持ち主。その彼らの横を1台の馬車が駆け抜けていく。馬車には東京から来た女性・三沢美千穂、大村真太郎、真太郎の甥・研一が乗っていた。徳市たちが温泉場の按摩宿泊所に落ち着くと、宿屋・鯨屋から呼び出しがかかる。徳市が療治に向うと、お客は美千穂だった。

『鮫肌男と桃尻女』『PARTY7』で独自のエンタテインメント世界を作り上げてきた石井克人監督が、日本映画史に残る名匠・清水宏監督が1938年に発表した佳編『按摩と女』を完全カバー。主演の徳市には、SMAPの草なぎ剛。『黄泉がえり』『日本沈没』などを大ヒットに導いてきた彼が、本作では盲人という難役に挑戦。徳市の相棒・福市を演じるのは『それでもボクはやってない』などで実力を発揮した加瀬亮。徳市が想いを寄せるヒロイン・美千穂には、CMなどで注目を集める美形モデルのマイコ


物語の舞台が戦前の温泉街温泉というだけに、時間がゆったりと流れるように作られています。
前半はほとんど音楽がありません。
セリフとセリフの間が長く、これがまた昔の映画らしく、かえって
新鮮に感じます。
キャストについては、盲人を演じる剛くんがハマリ役でした!!
全編にわたって目をつぶったままの演技です。
ヒロイン役のマイコさんは、これが映画初挑戦とは思えないほど
存在感がある女優さんです!
色白で美しく、彼女もこの役にぴったりぴかぴか
そして、ラストに流れる音楽と映像のコンビネーションが実に素晴らしいくるりん
また嬉しいことに、この映画は、心の入浴料として1000円で見られるのですよ楽しい
まだ見ていない方にぜひお薦めの映画です映画

FC2ブログランキング参加中!
クリックよろしくお願いします!⇒FC2ブログランキング

人気ブログランキング参加中!
クリックよろしくお願いします!⇒人気ブログランキング

「山のあなた 徳市の恋」公式サイト 



「山のあなた 徳市の恋」ガイドブック


サウンドトラック







映画 : comments(6) : - : しずか
女帝−エンペラー見て
「女帝−エンペラー」を見て来ました。





唐王朝滅亡後の古代中国、戦乱の五代十国時代。ある国で皇帝が謎の死を遂げ、美貌の王妃ワンは新たに皇帝の座につく亡き夫の弟リーとの結婚に同意する。都から離れ隠遁生活を送っていた皇太子ウールアンは、父の死が叔父である新帝の陰謀であることを見抜き復讐を決意するが、その身にも暗殺の魔の手が伸びていた。かつて思いを寄せ合った仲でもある義理の息子ウールアンを守るため、ワンもまた策謀をめぐらせる…。

権力争いと復讐劇に終わりはない。誰も信用できずに孤立した揚げ句、殺される前に殺すことを強いる疑心暗鬼に苛まれる。シェイクスピアの悲劇「ハムレット」を大胆に翻案した本作は、類い稀な美しさゆえに権力を手にしてしまったワンを中心に展開する愛憎劇。愛する男の前ではただの女でいたいと願いつつもそれは叶わぬ夢と知るヒロインを、欲望の色である深紅が映えるチャン・ツィイーがしたたかに演じる。仮面劇にうつつを抜かす皇太子に、仮面の下に隠してしまうには惜しい美貌のダニエル・ウー。ワンへの色欲に溺れる新帝リーに『活きる』の名優グォ・ヨウ。美術・衣装からアクションに至るまで徹底した美が追求された力作。
(goo 映画)より

今やアジアンビューティーの代表ともいえるチャン・ツィー。
今までの彼女のイメージといえば清楚で可憐な女性。
でもこの映画では今までとはまったく違う魅力を発揮しています。
彼女の妖艶かつ小悪魔的な魅力を堪能できるこの映画、かなりお薦めですラブ
お得意のワイヤーアクションも息をのむ迫力びっくり
まず身につけている服の布の動きが美しい揺れるハート
剣術の場面では、戦うというよりも「舞う」という表現の方が合っているかな?
ストーリーはシェイクスピアのハムレットが原作なので、大体の予想はついていましたが、シェアクスピアと古代中国宮廷劇、西洋と東洋の魅力がうまく融合されています。
華麗な映像+彼女の妖艶な美しさぴかぴかだけでも見る価値がありますよ!



映画 : comments(8) : - : しずか
パイレーツオブカリビアンを見て
昨日のレディースデーに話題沸騰中の「パイレーツオブカリビアン」を見て来ました。
前作に比べ、アクションシーンが多く、最後までハラハラドキドキの連続びっくり何といってもジャック・スパロウ役のJ・デップは役になり切っていて、独特の仕草で笑わせてくれました。
また、気品のあるウィル役のオーランド・ブルームやエリザベス役のキーラ・ナイトレイとは対照的に、海賊たちの歯が黒くメークされているのも細かい演出です。
「さらばジャック・スパロウ」と思わせて映画の最後まで見てると、そうでないことがわかります。くれぐれもサウンドトラックの途中で劇場を後にしないように!
目を離すと場面が変わってしまうくらいのスピードある展開なので、上映前に必ずトイレは済ませておきましょう(笑)
お薦め度王冠2王冠2王冠2王冠2王冠2



映画 : comments(4) : - : しずか
オーメンリメイク版
見て来ました。
これから見るという人はネタばれになるのでご注意を!

6月6日午前6時・・・二人の子が生まれた。
米国大使館の子供は死産。そのことを妻に告げることができず、同時刻に生まれたみなしごを養子として引き取ることになる。しかし、その子こそが、黙示録に予言された悪魔の子・ダミアンであった。ダミアンを取り巻く人々が次々と謎の死を遂げていく。

ストーリーの流れはオリジナル版とほとんど一緒です。
しかし、何といっても主役のリーブ・シュレイバーがこの父親役には合っていません。この話は、悪魔vs人間なのですから、人間らしい優しい顔つきの人がやるべきです。リーブ・シュレイバーの顔を見ていると、「あなたも悪魔?」と思ってしまうほど、目が鋭く、表情が険しいのです。だんだんと自分の育てた子を信じられなくなり、愛せなくなる妻に対して慰めの言葉をかける表情も全然ダメ!!優しさのかけらも感じない。
一方、ダミアンくんはセリフがほとんどない分、少しも笑わず、氷のような表情を見せる演技をしています。でもやっぱり初代ダミアンには負けるかな〜。妻役もいまいち。見ていて気の毒になりません。
そんなミスキャスト連発の中、唯一光った演技をしていたのは、家政婦役のミア・ファロー。地獄の使者役を不気味さたっぷりに演じています。

この映画の呼び物のショッキングシーンに関しては、妙にリアルにし過ぎていて、引いてしまいます。あと、いきなり凄い効果音と映像がフラッシュバックのように何回か現れます。あまり心臓にはよくないですよ。
新しい付け加えとしては、このところの自然災害・国際紛争・ローマ法王の死去の映像を絡ませ、いかにも悪魔が地球を支配するのが間近なようにつなげています。このことは、悪魔=戦争=災害を連想させますね。

ただ、一言でいうと、オリジナル版には全然負けています。


映画 : comments(6) : - : しずか