My Days
日本のあちこちを旅しています。

ホテルニューオータニの日本庭園(3)大滝〜井伊家屋敷跡

JUGEMテーマ:旅行

 

ホテルニューオータニの日本庭園の散策を続けます。

 

大滝
高さ6mの大滝は、約3トン〜5トンの組石82個と玉石5トン、小滝は、2トン〜5トンの石を58個と玉石3トン、 池周り1トン〜4トンの石78個と100キログラム石2トンを使用した組石
近くで見ると迫力ありますよ。
紀尾井窯
陶芸用の窯で、お正月やゴールデンウィークには、宿泊客を対象に陶芸教室が開かれているそうです。
そして、この時見たかったものは・・・
この碑と旧井伊家中屋敷のイヌマキとカヤの木でした(^^ゞ
旧井伊家屋敷跡

イヌマキとカヤ

「イヌマキ」と「カヤ」の2本は、ともに天明年間(1780年代)からこの地に生育していたものと考えられ、江戸時代から伝わる貴重な樹木として、千代田区の天然記念物に指定されています。

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m



歴史の散歩道 : comments(2) : trackbacks(0) : しずか
ホテルニューオータニの日本庭園(2)

JUGEMテーマ:旅行

 

園内には往古をしのぶ寛永寺灯籠、ぬれさぎ灯籠、春日灯籠、桃山灯籠、山灯籠、支那灯籠など、その数42基にのぼる灯籠群が点在しています。
ぬれさぎ灯籠
江戸時代の形式で、大きさ並びに灯籠そのものが数少なく、貴重なものだそうです。
寛永寺灯籠
上野寛永寺より最後に放出されたものを大谷米太郎が購入したものだそうです。
文恭院殿(徳川斉昭)
大猷院殿(徳川家光)
春日灯籠
鎌倉時代の形式で、6角形には十二支の動物が刻まれそれぞれの方角に向いて設置されています。
十三重の塔
南北朝時代の型で、四角大層坊塔というそうです。

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m



庭園 : comments(3) : trackbacks(0) : しずか
ホテルニューオータニの日本庭園(1)

JUGEMテーマ:旅行

 

今年の春、ホテルニューオータニの日本庭園を見学してきました。

 

 

下から上がっても行けるのですが、結構な高低差があるので、エレベーターで上まで行き、下がりながらまわりました。

 

 

ホテルニューオータニ日本庭園には、江戸時代初期、加藤清正の下屋敷がありました。 そして二代・忠広の時に加藤家が改易になったのを機に、この屋敷は井伊家へと引き継がれ、幕末まで中屋敷として使用されました。

 

 

紀尾井町の由来は、江戸時代この地に屋敷を構えていた紀伊徳川家、尾張徳川家、そして井伊家の頭文字をとって、後に名付けられたものです。
この土地はその後、伏見宮邸宅となりました。 第二次大戦後、伏見宮家がここを手放すにあたり、外国人の手に渡ろうとしたのを、ホテルニューオータニ創業者である故大谷米太郎が、由緒ある土地を外国に売り渡すのは惜しいと買い取って自邸とし、荒れ果てた庭を大谷米太郎自ら陣頭指揮して改修。
1964年、大谷米太郎は政府の依頼に応じて、東京オリンピックのため、この地にホテルニューオータニを建設し、日本庭園はホテルニューオータニの一部となったそうです。

 

 

 

 

清泉池

 

池の鯉は、緋鯉、真鯉合わせて約350匹。 サギや鴨も渡ってくるそうです。

 

 

太鼓橋

 

 

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m



 

歴史の散歩道 : comments(6) : trackbacks(0) : しずか
今川氏の菩提寺・観泉寺

JUGEMテーマ:戦国武将ゆかりの地巡り

 

東京都杉並区の観泉寺は、今川氏の菩提寺であり、枝垂桜、紅葉などの名所としても知られています。
中野にある成願寺の住職・鉄叟雄鷟大和尚が開山となり、慶長2年(1597)観音寺として創建したといいます。
正保2年(1645年)今川直房が当地一帯の領主となり、当寺を今川家の菩提寺として観泉寺と改めました。
寛文2年(1662年)、直房は市谷田町の万昌院が牛込に移転するのに際し、万昌院にあった祖父・今川氏真と母(吉良義安の娘)の墓を観泉寺に移転し、今川氏真を観泉寺の開基としました。
境内にある今川氏累代の墓は、東京都の旧跡に指定されています。
今川氏は明治時代に断絶しましたが、現在の地名「今川」の由来となっています。
境内の日本庭園にサギの姿がありました。

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m



 

 

歴史の散歩道 : comments(4) : trackbacks(0) : しずか
早稲田大学(2)大隈重信立像

JUGEMテーマ:旅行

 

大隈庭園を見学したついでに、キャンパスを散策することに。

 

 

早稲田大学は、江戸時代末期の蘭学校である北門義塾(柳田藤吉の創設)の明治5年閉校後、その意思を受継ぎ、隣地に大隈重信が明治十四年の政変で下野した後に設立した東京専門学校を前身とし、日本の私立大学では慶應義塾大学(「早慶」の慶)などと共に最も古い段階で大学令に基づく大学となった。
当初は、創立者・大隈重信の別邸が東京府南豊島郡早稲田村に、また、校舎が同郡戸塚村にあったことから、関係者が「早稲田学校」「戸塚学校」と言っていたが、最終的には「東京専門学校」と名付けられた。1892年頃には、専門学校の別名として、「早稲田学校」と呼ばれるようになり、以後1902年9月2日付で、専門学校から大学への昇格を機に、大隈によって代表される早稲田の地名をとり「早稲田大学」と改称した。(Wikipediaより)
大隈講堂

1927年に佐藤功一の設計で竣工した、文字どおり早稲田大学の顔として知られる建造物である。早稲田キャンパスに所在し、正式名称は「早稲田大学大隈記念講堂」。学内では「早稲田大学21号館」とも表記される。重要文化財にも指定されている建築物である。

(Wikipediaより)

大隈重信立像(朝倉文夫作)
早稲田大学早稲田キャンパスには2体の大隈像があり、有名なガウン姿の立像は昭和7年(1932年)10月17日、早稲田大学創設50周年と大隈重信10回忌を兼ねて作られた。右足を失った後の姿のものであるため、杖をついているのが特徴である。製作者である彫刻家の朝倉文夫は大隈像を3回制作しているが、この立像は2回目のもの。高さは298cmあり、大隈講堂の方向を向く形で設置されている。受験期には受験生により賽銭が供えられることも少なくない。(Wikipediaより)

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m



旅行 : comments(4) : trackbacks(0) : しずか