My Days
日本のあちこちを旅しています。

偶然見つけた春

JUGEMテーマ:

 

先日、父の車に乗っていて偶然梅園の前を通りかかりました。

 

 

足立梅園「河津桜としだれ梅」とあります。

 

人の気配はなく、入場無料のようです。

 

早速中に入ってみました。

 

 

菜の花も咲いています。

 

 

 

河津桜がありました!

 

 

 

ピンクが濃くて可愛いですね。

 

 

 

 

実は、道に迷って走っていた道沿いにあったのですよ(^^ゞ

 

これはラッキーでした!

 

 

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m


 

 

: comments(3) : trackbacks(0) : しずか
高野山の旅(8)苅萱堂

JUGEMテーマ:旅行


苅萱堂は、石童丸物語の哀しい話で知られる刈萱道心と石童丸ゆかりのお堂です。

 

 

加藤左衛門尉繁氏は、妻と妾の醜い嫉妬心(上辺は親し気に振る舞いながら髪の毛が蛇と化して絡み合う様子)を見て世の無常を感じ、領地と家族を捨てて出家し、寂昭坊等阿法師、苅萱道心(かるかやどうしん)と号して、源空上人(法然)のもとで修行し、高野山に登った。

 


その息子である石童丸は、母とともに父親探しの旅にでる。旅の途中に出会った僧侶から父親らしい僧が高野山に居ると聞く。高野山は女人禁制 母を麓の宿において一人で山に登り、偶然父親である等阿法師に出会うが、父親である等阿法師ははるばる尋ねてきた息子に、棄恩入無為の誓のために、自分があなたの父親ですと名乗ることはせずに、あなたが尋ねる人はすでに死んだのですと偽りを言い、実の父親に会いながらそれと知らずに戻った。石童丸が高野山から戻ると母親は長旅の疲れが原因ですでに他界していた。

 

 

頼る身内を失った石童丸はふたたび高野山に登り、父親である等阿法師の弟子となり、互いに親子の名乗りをすることなく仏に仕えたという哀話。(Wikipediaより)

 

 

拝観は無料で、本堂内に飾られた石童丸物語の絵物語を見ながら拝観していきます。

お堂も、絵も大変素晴らしいのですが・・・

出口付近で、いきなりお線香を勧められます。

二人のお坊さんに、買わなきゃ損だよ〜みたいな雰囲気で・・・

その時、観光客は私一人だけ。

はっきりと断って出てきましたが、その後に二人のお坊さんの笑い声がしました。

神聖な高野山の中でもここだけは、商魂たくましい感じがして不快でした(..;)

このことは、他の方も、ブログや旅行サイトでも書かれているので、誰に対しても

同じ態度なのだと思います。

 

2016.11.25撮影

 

 

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m


寺社 : comments(3) : trackbacks(0) : しずか
祝☆しっぺいくんお誕生日会2017

JUGEMテーマ:ゆるキャラ大集合

 

今年も磐田のしっぺいくんのお誕生日会が盛大に行われました。

 

 

浜松からは、家康くん直虎ちゃんも出席!

 

 

島根からは、しまねっこちゃんも駆けつけてくれました。

 

 

再会を喜ぶ二人。

 

 

佐野からは、さのまるくん

 

 

深谷からは、ふっかちゃん

 

 

二人は、しっぺい風の眉毛をつけての登場です!

 

 

他にも大勢のお友達がお祝いに集まってくれ、幸せそうなしっぺい。

 

 

 

 

 

 

いなりんの背中に詰まったシャリを狙うしまねっこ(笑)

 

 

ステージ上で座るさのまるあゆころちゃん。

 

 

寸劇で、しっぺい太郎を演じ、悪役のイーサキングを倒したさのまる。

 

 

豪華なケーキがプレゼントされ、喜ぶしっぺい。

 

 

ららぽーとの店内で、さのまるとばったり遭遇!

 

 

最後はみんなで記念撮影!

 

 

 

また来年会いましょう!

 

 

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m


 

 

 

ゆるキャラ : comments(5) : trackbacks(0) : しずか
高野山の旅(7)女人堂〜徳川家霊台〜熊谷寺

JUGEMテーマ:旅行

 

10月の高野山団体ツアーから約一ヶ月後、再び高野山へ行ってきました。

 

 

 

駅からバスに乗り、最初に降りたのが、女人堂

 

 

女人禁制だった時代、高野山の入口に建てられたお堂です。

 

 

ここから歩いて徳川家霊台

 

 

1643年(寛永20年)に徳川3代将軍・家光によって建てられた霊舎です。

 

向かって左側に徳川秀忠、右側に徳川家康が祀られています。

 

 

徳川秀忠霊屋

 

徳川家康霊屋

 

こうして見てみると、同じように見えますね(^^ゞ

 

そして、今回の宿坊の熊谷寺へ。

 

熊谷寺の名前の由来である熊谷直実、その師の法然上人等が逗留され、平敦盛並びに源平総死者供養を行ったお寺です。

 

 

奥之院に近いところに位置しています。

 

円光堂

 

円光堂の本尊は法然上人。
手前の石像は熊谷次郎直実(熊谷蓮生)です。

 

 

不動明王も祀られています。

 

 

正面玄関には不動明王と八大童子様がお迎えをしてくれます。

 

 

部屋には、こたつが用意されていました😄

 

 

2016.11.25撮影

 

 

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m


 

寺社 : comments(5) : trackbacks(0) : しずか
祝 2017

 

 

明けましておめでとうございます!

昨年も当ブログへのコメント&応援ありがとうございましたm(__)m

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

応援のクリックよろしくお願いしますm(__)m


- : comments(6) : trackbacks(0) : しずか